栄養管理について

栄養士が立案した献立に基づき、自園調理での完全給食となります。 一人ひとりの子どもの発育・発達状況・家庭での生活状況などを把握した上で、 食事計画を立て、それに基づいて作成された献立通りに食事を提供し、 子どもの栄養管理を行っています。

また、食材の鮮度や産地、塩分を抑えた味付け、給食室内の衛生面などにも 留意し、安心、安全な食事の提供を心がけています。

献立には、行事食をはじめ、日本の伝統料理、世界の料理などを取り入れて 子どもたちに伝えています。

午後おやつは、体にやさしい手作りおやつを提供し、夕食までのエネルギーを サポートします。

離乳食について

食物アレルギー児への対応は、命に関わるものという認識のもとに、家庭との連携を 図りながら、診断書に基づいた除去食を提供しています。 除去食を希望する際は、申請書に医師の証明書を添えて園に提出してください。

食物アレルギー児への個別配慮について

食物アレルギー児への対応は、命に関わるものという認識のもとに、家庭との連携を 図りながら、診断書に基づいた除去食を提供しています。 除去食を希望する際は、申請書に医師の証明書を添えて園に提出してください。

お楽しみお弁当の日

園では栄養面、健康面を考え献立を決めていますが、年に数回お弁当の日を 設けています。天気のよい日には、お弁当を持って友達と一緒に楽しい園外保育に 出かけます。お弁当の日には、お子さんの大好きなおかずをつめた、愛情たっぷりの お楽しみお弁当にご協力をお願い致します。

給食目標
園全体としてー「食を営む力の基礎を養う」
0歳児・・・食べることの基礎を作る
1歳児・・・いろいろな味に触れながら、食べることの楽しさを味わう。
2歳児・・・楽しい雰囲気の中で意欲をもって食事をする
3 歳児・・・食べることの大切さや楽しさを知る
4 歳児・・・いろいろな食材や食べ物と体の関係に興味を持つ
5 歳児・・・体と食べ物の関係を知り、マナーを守って食事をする
食 育

『食育』とは、さまざまな経験を通して、食に関する知識とバランスの良い食事を 選ぶ力を身につけ、健全で豊かな食生活を送る力を育むことです。

毎日食べる物への感謝の気持ちや、旬の食べ物から季節の移り変わりを感じる心、 五感の働きを通しておいしいと感じる感覚など、体だけではなく、「心」も育てるものとして とらえられているのです。

園では、年間食育計画の基に野菜の栽培、クッキングをはじめ、手洗い指導、箸指導、 三食栄養素指導、バイキング給食、保護者への給食試食会等、いろいろな食育活動を 行っています。

給食だより
907766.png
157501.png

社会福祉法人 優愛会
幼保連携型 太陽認定こども園  〒989-6101 宮城県大崎市古川福浦2丁目2の28 TEL.0229-23-0586

幼保連携型 虹の精認定こども園 〒989-6101 宮城県大崎市古川福浦字道ノ上147番地1 TEL.0229-23-5077

企業主導型保育事業 しあわせ保育園 〒989-6101 宮城県大崎市古川福浦字道ノ上97番地1 TEL.0229-25-3450